2009年12月24日

株主割当増資 part7|検査役の報告に関する裁判があったときはその謄本

株主割当増資 part7では、株主割当増資に伴う変更登記において、管轄法務局への提出が必要になる添付書類、「検査役の報告に関する裁判があったときはその謄本」について解説します。

株主割当増資手続きにおける変更登記申請必要書類一覧についてはこちらをご参照下さい

検査役の報告に関する裁判があったときはその謄本|株主割当増資手続における変更登記添付書類

現物出資を認めた場合、原則として裁判所が選任した検査役の調査を受けなければなりません。

裁判所から選任された検査役は、現物出資の価額について調査を行い、その結果を裁判所に報告します。検査役から調査報告を受けた裁判所は、現物出資に関する内容について不当と認めた場合は、これを変更することができます。

この変更があった場合は、変更を証明するために「検査役の報告に関する裁判の謄本」が必要です。
posted by zoushi at 00:00 | 株主割当増資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
増資手続きマニュアル2