2009年12月31日

増資手続きとは?増資手続きの概要

会社の資金が不足すれば、外部から資金を調達することになります。

調達する資金は、融資・借入れによることが一般的です(銀行や日本政策金融公庫など)が、

株式会社には融資以外の資金調達方法として、増資という選択肢があります。

増資とはいったい何でしょうか?

まず、融資との一番の違いを申しますと、「増資によって得た資金は、一般の融資とは異なり、返済する必要がない」ことです。

※ただし、返済しなくてよい資金であっても、会社は出資者(株主)に対する配当(見返り)を与えなければ、出資者は増資には応じてくれないでしょう。増資した会社は利益を多く出すよう、事業活動に励み「配当」という形で出資者(株主)に見返りを与えるという、一定の責任が生まれます。

この増資手続きには、大きく分けて2つの種類があります。

(1)株主割当増資

→既存の株主からの出資を受けて会社の資本金を増やす

(2)第三者割当増資

→株主以外の第三者からも出資を受けて会社の資本金を増やす

上記いずれかの方法で増資手続きを行い、資本金を増やすことを「増資」と言います。

なお、増資手続は管轄法務局にて登記を行うことが必要です。

増資手続き」の大まかな流れは次の通りです。

※株式譲渡制限会社(非公開会社)の場合

増資手続きの主な手順

株主総会決議で株式の発行を決定



株主に増資の通知




株主からの株主払込み



資本金額・発行株式数の変更登記


登記手続きにかかる登録免許税は申請1件につき、増加した資本金の額(課税標準金額)の1000分の7(これによって計算した税額が3万円に満たないときは、3万円)です。
posted by zoushi at 00:00 | 増資手続きの概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
増資手続きマニュアル2

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。